5歳以上

【過保護とサポートはココが違う!】メイ先生

こんにちは。

ママの自己肯定感から高める育児コーチ、メイです。

 

あなたは「ちょっと過保護すぎない?」と言われて

ドキッとした経験、ありませんか?

とくに過保護な子育てはしたくない、と思っていたら

そんな風に言われると、不安になりますよね。

 

今日は

自分は過保護なのか気になってる・・・

過保護とサポートはどう違うの?

そんな悩みを抱えているあなたへ

 

過保護とサポートの違い

過保護かサポートかを判断する基準をお伝えします。

 

自信をもって「大丈夫!」と言えるように

ぜひ最後まで読んでいただけたらと思います。

 

さて、「過保護」とは字のとおり

「保護が過ぎる」ということ。

こどもには親の保護は必須ですが、必要以上の保護があると

過保護だと言われます。

 

たとえば、1歳未満のこどもには、ご飯は食べさせる必要がありますが

5歳のこどもには、食べさせてあげる必要は本来ありません。

(体調不良などの特別な場合は除く)

 

でも、5歳のこどもにたいしても

自分で食べると汚れるし、時間もかかるからと

親が食べさせたりするならば、それは過保護と言えます。

 

それに対してサポートとは。

親が手伝うことではじめて、こどもができる、

そんな手助けはサポートと言えます。

 

補助輪をはずした自転車のうしろを支えてあげることは

まさにサポート!

このサポートの時期がなければ、いつまでも乗れるようにはなりません。

サポートしてもらいながら、バランス感覚を養ったりすることで

だんだんと乗れるようになっていくのです。

 

ほかにも、たとえば

幼稚園に入園したばかりの頃は

持ち物の準備もひとりではできないでしょう。

ママが一緒に、声をかけながら教えてあげて

毎日やっているうちに、ひとりでできるようになっていきます。

 

こどもは最初はなにもできません。

いま当たり前にできていることも、最初は教えてもらい、

何度も練習してできるようになってきたものです。

 

「練習」と一言でいっても、こどもはできるようになるために

どのような練習が必要かさえ、わかりません。

 

ひとつずつ、こどものできることを増やしてあげることが「子育て」ですが

そのためにはママのサポートというのは欠かすことのできない大切なことです。

 

子育てにおいて、サポートは必要なことであることが

わかっていただけたかと思いますが

周りに「過保護じゃない?」と言われたりすると

サポートのつもりだけど、これは過保護なの?

やっぱり不安になってしまうものだと思います。

自分のしていることは過保護なのか?それを判断したいときには

「今自分がやっている手助けをやめたら、こどもはどうなるか」

を考えてみてください。

 

やめてもなんとかやるものなのか。

やめたらこれ以上は出来ないものなのか。

 

補助なし自転車の支えは、やめれば乗れません。

ですが親が代わってやっている時間割りなら

自分でやるようになるでしょう。

 

こどもにその能力はそなわっているのか、

ひとつ判断基準にしてみてください。

 

こどもの成長というのは、年齢が同じでも、発達や経験のちがいから

この子はできるけど、うちの子はできない、など個人差があります。

 

つまり、この子にとっては過保護といえるけど

こっちの子にとってはサポートだ、ということも当然ありえるわけです。

 

周りのママから、過保護だと言われたからと言って

自分のこどもをよく見ることなく

やみくもに手助けをやめてしまえば

本来必要なサポートを受けることができず

こどもはできるようになるはずのチャンスが

奪われることになります。

 

サポートの時間が長くなり、なかなか上達がみえないときも

親は不安になってくるものです。

甘やかしているからかな?などと思うこともあるかもしれません。

 

こどもは本来「自分でやりたい」という想いを持っています。

イヤイヤ期でそんな姿はしっかり見せてくれましたよね。

 

サポートをして、できるようになれば

本来自然なかたちで手は離れていきます。

悩んで手助けをとちゅうで中断するような形になるときは

本来はまだ必要なときなのかもしれません。

 

過保護とサポートのちがい、わかっていただけたでしょうか?

これからも、こどものできるを増やしていくために

自信をもって必要なサポートをしてほしいなと思います。

☆---------------------------

ブログについて質問・ご相談があればこちらからお受けします。

子育てに役立つプレゼントなどもラインの読者の方限定で

定期的にお渡ししています♪

公式ラインはここから

 

Instagramでも情報発信中!  Instagramもフォローする

ママの自己肯定感を高める方法、こどもの心を学べるアカウントです。

心理学科卒のメイが、20年の知識と経験から

ママと子どもの心を動かすやさしい子育てをお伝えしています!

 

 

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 条件付きの愛になってませんか?【あるがまま♥️ありのまま子育て】ともちゃん

  2. 【告知】16日朝8時 インスタライブ セルフでの頭ほぐし 半澤登志子

  3. 大人になっても、発達障害の子どもの偏食に付き合いたくない!

  4. ママのためのヨガ

  5. 少しずつ…【あるがまま♥️ありのまま子育て】ともちゃん

  6. 【\ひとくち食べては逆効果/偏食の子どもが給食を楽しく食べられる! 入園前から始める、ママの声かけ無料オンラインセミナー】渡辺ひろみ先生

  7. 食べ物の好き嫌いが多い人が、大人になって困らない方法

  8. 今の職場で働き辛さを感じてませんか? ★山本あやか先生

  9. 【子どものために身体に良い食品を選ぶ理由】無料レッスン

  10. 【外食で泣き喚く子どもに、うんざりのママほど上手に対応しています。】渡辺ひろみ先生

  1. 春の新作Tシャツ販売開始です♡♡

  2. 子供の「性格」「特徴」「心の癖」を見つけて教育方針に落とし込む

  3. 妊婦さん必見♡妊娠中に摂りたいマグネシウムについて

  4. 【水月れい】2月28日(水)zoomお茶会でお話ししましょう!(無料)

  5. 【ナチュラル口紅💄作り!オンライン講座】by元看護師ちゅんぴーmama

  6. 【常備薬まだ飲んでるの⁉️】元看護師ちゅんぴーmama

  7. 再入荷!!ouimamaヤギミルク

  8. お試し体験zoomセッション

  9. 離乳食お口の発達は食べるためだけじゃない!いかいあき

  10. 離乳食期の「いただきます」

新着ブログ

  1. 【自己受容と神子育てで悩まなくなる親へ】彩乃先生

  2. 【がんばれる子に育てるために親にできること】メイ先生

  3. 【自己紹介】まな先生 子どもの身長はママのチカラで伸ばせます

  4. 【夜泣きに悩むまま必見のベビーマッサージレッスン】津田先生

  5. 【2人目不妊症で悩んでいませんか?】助産師あかり先生

  6. 【腸活のすすめ1】腸活パパ(消防士🧑‍🚒×腸活アドバイザー)

  7. 敢えて声をかける

  8. 腸活で必須!食物繊維の注意点

  9. 【沐浴はいつやるの?】ゆっきー先生

  10. 『夫婦力は子供が思春期になってから?!』夫婦学®校長 青木優子