0〜3歳

今の離乳食情報は実は古い!?いかいあき

こちらのブログでは
私が主として活動している離乳食のお話はもちろん
わたしをつくっている
価値観
などを、わたしの「言葉」にして
お伝えしています。

「食べない」を卒業できる離乳食
助産師として活動しております
いかいあきです

みなさん、離乳食の歴史って
知ってますか?

日本で最初に離乳食について
決めごとができたのは
昭和33年

ざっとその後について表にすると

昭和33年(1958)「離乳食基本案」(文部省科学研究費による離乳研究班)
昭和55年 「離乳の基本」厚生省 心身障害研究
平成7年 「改訂・離乳の基本」厚生省
平成19年 「授乳・離乳の支援ガイド」
令和元年(2019)「授乳・離乳の支援ガイド」改訂版

「離乳食基本案」ができてから
今日まで61年間で
改訂されたのは5回のみ

そして
最後に改訂されたのは
もう今から4年前

4年前って…
時代はいろいろ進んでいるはず

そのころから
離乳食についても
わかってきたところ
変化してきているところがあっても
おかしくない!

古い情報が更新されず
新しい情報を知っても
一番困るのは
今、離乳食をスタートしているママパパ

実際に
「離乳食あげてても、あってるどうかがわからない」とか
「親も病院の先生も保健師さんも言ってることが違って困る」とか
相談される

今の時代
情報収集する力を一番もっているのは
今子育て真っ最中のママパパ

わが子のためにたくさん勉強して
得た情報は、間違ってることなんてない

離乳食を始める時期でも
6か月までには始めなきゃいけない
食べる練習してないと、お口が育たない
今あげないとアレルギーが治りにくい
など、言われることある

けど、大切なのは

大事なお子さん

みんなやってるから
この子もできるはず

では、ないんです!!
子育ては

本当に、ひとりひとり全く違う
周りをみても、身体の発達が同じ人なんていない

だから
ママパパが
わが子のためにと思って
やってあげることが一番

そして
わが子をちゃんとみてあげる
外見、肌の様子、裸の様子、
手足を触った感じ、動かし方など
得た情報を

しっかり自分のお子さんの様子に落とし込んで考えてあげる

そんなふうに子育てしていこー!!

長文を読んていただき
本当にありがとうございました

Instagramやってますコチラ
公式LINEコチラ
HPコチラ

お気軽に連絡ください♡

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【はじめましてのご挨拶】半澤登志子

  2. 【自己紹介】分子栄養学×心理学×現役医師が家族の不調を解決したい さのみな先生

  3. 5月♡ベビーマッサージレッスン

  4. そのテレビCM信じて大丈夫?

  5. 【募集】10月18日10時 無料体験レッスン セルフリンパヨガ

  6. あなたの望みを引き寄せで簡単に叶える【望み方セミナー】テキスト&ワーク付き

  7. 【今話題のdōterraって⁉️】ちゅんぴーmama

  8. 【自己紹介】水月れい*あなたの人生の主役はあなたです!

  9. 簡単、楽なモノで本当の健康は手に入らない

  10. 「傷をさわっても痛くないのはびっくりしました!」お客様から、嬉しい変化のお声をいただきました!

  1. 冷凍ouimamaヤギミルクをイベントで販売します!

  2. 無料のオンラインお茶会*安心して何でもお話しください

  3. 豆乳はどう思いますか?

  4. 「傷をさわっても痛くないのはびっくりしました!」お客様から、嬉しい変化のお声をいただきました!

  5. 「ひざの痛みがなくなり助かりました」お客様から嬉しい変化のお声を頂きました!

  6. 「優しい動きで身体が楽になった」 お客様からうれしい変化のお声をいただきました!

  7. この前北海道に行った時の★

  8. ouimamaヤギミルクおすすめ解凍法★

  9. ouimamaヤギミルク再販と1周年記念企画♡

  10. 5月♡ベビーマッサージレッスン

新着ブログ

  1. ココロも癒すオンライン整体師

  2. ママから幸せになる 【育児&教育】オンライン親子コーチ 小山あやか先生

  3. 【自己紹介】心豊かに個性を活かす環境作りの専門家 西田実世

  4. 【無料体験会のご案内】ハピネスおやこ講座

  5. スポーツ栄養士 松峯敏和先生

  6. 【自己紹介】広島初ライフアンドファッションスタイリスト Jun

  7. 【子どもの人間性の根っこを考えたきっかけ】あべみなみ先生

  8. 日本語と英語を同時にやってごっちゃにならないか?

  9. 【無料オンラインイベント☆秋の収穫祭】宮下江梨先生

  10. 橘 朋子先生