5歳以上

【どこでも漢方】お薬を飲むのは、お水じゃなきゃダメ?

“どこでも漢方”の村山陽子です。

「お薬はお水で飲みましょう」
…その通りです。ですが、お水がない時は?お水でなければ、本当にダメ?
水がないからと、水筒に麦茶が入っているのに、薬をそのまま飲み込んでしまった子供がいました。

「そのまま飲み込む」…これは実に危険です。
何故なら、口の中や食道に薬がひっついてしまうからです。
厄介なことに、ひっついてしまった薬は、後から水を流し込んでも簡単にははずれません。
特にカプセル剤は注意が必要です。

結論から申し上げると、水以外の液体でも問題ないことの方が多いです。

①水と同様、まずは心配いらないもの
→麦茶・カフェインやタンニンを含まないお茶
②水がない場合、そのまま飲み込んだり、服用を止めるよりは使った方がよいもの
→緑茶・ほうじ茶・番茶・烏龍茶
③お薬の味が変わって(多くは苦くなる)飲みにくくなるので、避けた方が良いもの
→酸味のあるジュース・スポーツドリンク
(逆に飲みやすくなるお薬もあります。薬剤師にご相談ください。)
④お薬の効き方に影響する場合があるので、避けた方が良いもの
→牛乳・グレープフルーツジュース
(薬剤名等、詳細は薬剤師にご相談ください。)
⑤絶対に避けるべきもの
→アルコール

※詳しくはこちらの記事(「お薬を飲むのは、お水じゃなきゃダメ?…お薬の正しい飲み方は」)をご覧ください。

ちなみに、独特の風味のある漢方薬は、のみやすい物と混ぜてもらって構いません
小さなお子さんでしたら、ココアやミロ®がオススメです。

※詳しくはこちらの記事(「漢方薬の飲み方」)をご覧ください。

水で飲むのが大前提ですが、それがままならない時、どういったものでなら飲んでよいかをまとめてみました。
あくまでも目安ですので、実際にお薬を飲まれる際に迷われた時は、薬剤師にご相談ください。

“どこでも漢方”では、今あるお身体の不調の原因を漢方の観点から探り、養生や漢方薬を通じて健やかな毎日を一緒に目指していきます。
「病院や薬局で尋ねにくい」、「かかりつけの病院や薬局とは別に意見をききたい」…等、お薬や健康に関するお悩みもお気軽にご相談ください。

お薬と健康相談・漢方カウンセリング
WEB予約はこちら

どこでも漢方HPhttps://www.dokodemo-kampo.online

記事を読む

最近の記事 おすすめ記事
  1. お子様の食ムラありませんか?

  2. 必見!節約術~固定費編~

  3. 発達障害・グレーゾーンの育てにくい子が3ヶ月で変わる 非常識な おうち発達支援

  4. 【自己紹介】「食べない」を卒業できる離乳食×助産師 いかいあき

  5. 【自己紹介】消防士🧑‍🚒×腸活パパ/腸活で子どもとあなたの美容×健康×子育てサポート

  6. お金の貯め方が間違っていた?

  7. 少しずつ…【あるがまま♥️ありのまま子育て】ともちゃん

  8. 子育て肯定アドバイザー✨ママとお子様のいいところ探します

  9. 【夏は栄養不足!ミネラル摂取のポイントと注意点】無料レッスン

  10. DNA&腸内フローラ解析の無料勉強会のお知らせ

  1. この前北海道に行った時の★

  2. ouimamaヤギミルクおすすめ解凍法★

  3. ouimamaヤギミルク再販と1周年記念企画♡

  4. 5月♡ベビーマッサージレッスン

  5. 春のイライラお疲れ、癒すなら今!

  6. ouimamaヤギミルク入荷分完売しました♡

  7. ヤギミルクはひとにやさしい

  8. 子育てママのアロマLesson

  9. 【自己紹介】ママ専門薬剤師 髙城千絵子です💕

  10. 【水月れい】気分良く過ごしていく未来へ

新着ブログ

  1. ENAKOmama【起業したいmamaサポートWEBマーケティングスクール】

  2. 【自己紹介】発達科学コミュニケーション トレーナー 渡辺ひろみ先生

  3. 【自己紹介 神戸助産師ouimama はじめまして】ouimama先生

  4. ママの為のヨガインストラクター Hatsumi先生

  5. 【気学】気学は運を上げるための学び

  6. 【十五の君】奈木先生

  7. 【自己紹介】腸から始める健康ライフ🍀腸活・ストレッチサポーター ふみふみ先生

  8. 【想い出を《形》にする家族のアルバム作り】アルバム大使 大城由佳先生

  9. 【自己紹介】麹を使って心も身体も健康に〜いしだみお先生

  10. 資産形成コンサルタント 河津 みゆか先生